Uncategorized

新鮮な水を!熱中症予防

投稿日:

夏場以外でも油断大敵!ペットの熱中症予防!
ペット飲料水メーカーは夏前、特に5,6月がシーズンとされていて、その時期に多くの水契約がされているよう。

あなた自身も、熱い夏場に備えてペットの為に美味しい水を検討していると思います。

で・す・が!実は夏場以上に熱中症になりやすい時期が春先や秋だと最近話題になっている事をあなたはご存じでしたか?

その上、あまり熱を感じない時期なので、ペットもそこまで水を欲しがらない場合が多く、気にしてみるとそこまで水を飲んでいなくて不安・・・なんて声がたくさん口コミサイトで確認出来ました。

そこであまり知られていないあなたのペットが一日どのくらいの水を必要としているか?をまず理解しましょう!

犬や猫が一日に必要な水分量

季節、ペットの環境によって多少前後しますが、必要水分量はペットの体重が1kgに対して60ml程度。

中型犬でしたら300ml~500ml程度は一日に必要な水分量だと言えますね!

あなたのペットは1kgに対して必要な水分量を取っていますか??

案外必要とする水分量を接種していないペットが多いと思います。その場合は少しの工夫で改善される場合がありますので、悩んでいる方はこちらをチェック!

※少しの工夫で水接種料UP

また中には水を凄く飲む子もいますよね(笑)あまり気にしすぎる事ではないですが、必要摂取量の2倍以上日常的にとっている場合は少し注意する事をおススメします。

最近爆発的に人気の中型犬【フレンチブルドック】でしたら、体重が平均すると8kg~10kgと言われており、一日の必要水分量は500ml程度ですね!

つぶらな瞳と鼻ぺちゃな可愛らしい犬ですが、体温管理が苦手ですので必要以上の水が必要になるケースが多い。

愛するペットにたくさん水分と取ってほしいからこそ、新鮮でおいしいウォーターサーバーの水がおススメなわけですね(^^♪

飲ましてみると意外と私達以上に味の違いに気付くものですよ(笑)

 

ですが、下置きウォーターサーバーだとガシガシされる可能性がありますので、その場合はおしゃれなウォーターサーバーやテーブルの上に置ける卓上ウォーターサーバーを利用しても良いかと思いますよ。

-Uncategorized

Copyright© 下置き(床置)ウォーターサーバー比較ランキング , 2017 AllRights Reserved.